ギフトを受け取れない本当の理由【あなたの存在価値?】

 

僕「えーーー?なんでーーー??」

 

「受け取ればいいじゃん?なんで貰っとかないの?」

 

女子「見返りが怖い」

 

 

 

僕「ファッ!?」

 

僕「ミカエリ ッテ ナンデスカ?」

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

僕は夜のお店が好きだ。

 

そう。おねーさんと飲むお店だ。

 

 

 

 

なぜ好きかって?

 

それはね…。

 

僕、モテる系コンサルもしてるワケで、常に情報をアップデートしとかなきゃでしょ?

 

だからねゴニョゴニョゴニョ…。

 

 

 

 

って!!!おら~っ!!!

 

ただ可愛いーお姉ちゃんと飲むのが好きだからだよっ!!

 

言っちゃったwwww

 

 

 

 

ゴホン!ま~こうやって記事にもなるし一石二鳥ってヤツ!

 

俺ナイス!

 

 

 

 

さ。本題入るか。。

 

 

 

 

これは、某お店在籍の女の子の実話である。

 

 

その子とは6~7回会った程度で、まともに僕に付いてくれたのは1~2回くらいかな?

 

身長は恐らく165くらいで、+ヒールが7~8センチってとこか。

 

スラっとしてて小顔、アイメイク命って感じのハデめの印象を受ける子だ。一言で言うと神田うの似のモデル系。

 

 

 

髪も程よく巻いててロング、香水もキツくなく、メイクのセンスも悪くない。

 

どうでもよさそうな客の話もいい感じに盛り上げてる。

 

仕事がデキる部類の女の子だ。便宜上、「サヤカさん」とでも呼ぶことにする。

 

 

 

アゲたりサゲたり褒めたりディスったり、40分ほど経って話も暖まってきたので、気になる事を聞いてみた。

 

ど直球

なぜそんなに頑張ってるのか?」だ。

 

 

 

 

水商売の女の子にもいろんなタイプの子がいる。

 

 

 

①大して面白くもなさそうな顔して座ってるだけでプレゼントをもらいまくる子。

 

②狡猾に計算高く、貢いでもらおうと画策するも、大して貢いでもらえない子。

 

③私の客だぞ的な、すぐに客の所有権争いを始める子。

 

④頑張って話を聞いて盛り上げる子。

 

⑤タダ酒飲めて、まぁまぁ稼げるからチョロくね?って思ってる子。

 

⑥自分は水商売の女では無い!みたいな変なプライドのある子。

 

⑦なんの特色もない、いきなり放り込まれた顔の学生アルバイトの子。

 

 

 

 

これらのタイプ別で(かなり限定的ではあるが)人気のある子はどんな子か分かります?

 

まぁ④番の「頑張って話を聞いて盛り上げる子」でしょうね。

 

 

 

 

って普通なら思う所だと思います。

これがね~違うんですよね~

 

 

 

 

正解は ① ⑤ ⑦ なんですね。

 

全部の項について解説すんのは面倒なので、以下を読んで推測してみてください。

 

 

 

 

① ⑤ ⑦ に共通しているのは、

 

 

頑張っていない 

OR 

頑張り方がわからないって事です。

 

 

なぜか、頑張るとうまくいかない。

 

なぜでしょう?

 

 

 

 

それは、人間の心理のすごく奥のほうに隠れた性質が関係しています。

 

 

 

 

自分が頑張る事で

 

他人に価値を提供し

 

他人から認めてもらう事で

 

安心したい

 

 

 

 

 

つまり、頑張らないと、自分には価値がないと思い込んでいるんですね。

 

なんにもしなくても、大して盛り上げなくてもいいじゃん。とか決して思えなくて、何とかして頑張る。

 

結果、必死感が前面に出て、男性は夢から覚める(冷める)んです。このタイプと飲んでると、心底つまんない。

 

僕なんて、どうかしたら、顔すら見ませんね。あくび連発してゴメン笑

 

 

 

 

次に、以下の2つのタイプについて。

 

 

⑤タダ酒飲めて、まぁまぁ稼げるからチョロくね?って思ってる子。

 

⑦なんの特色もない、いきなり放り込まれた顔の学生アルバイトの子。

 

 

 

 

⑤は純粋にその場を楽しんでいるだけなので、自然に結構盛り上がります。

 

女の子は酒が好きでドリンクをガンガンおかわりします。そのノリについていこうと男性のペースも加速します。

 

飲み放題1セット(決められた時間)が過ぎても、楽しいので延長延長となるわけです。

 

女の子のドリンク(キャストドリンク)は意外に割高です。結構な会計額になりますが、男性は楽しかったので、高いとは思いません。

 

あー楽しかったー!で終わり。

 

女の子としては、キャストドリンクを沢山飲んだことで、お店からドリンクバック(お金)をもらえる。

 

お互い楽しくてWinWin。

 

 

 

 

 

次は⑦。なんの特色もない、いきなり放り込まれた顔の学生アルバイトの子。

 

 

頑張り方がわからないので、チョコンと座っているだけです。

 

それについて、あーだのこーだの言う説教くさいオヤジもいますが、大体の殿方は寛容です。

 

 

 

 

男性は新しいもの好きです。新人と聞いただけでゾクゾクしちゃう低俗な生き物ですw

 

新人の最大の特徴は「お互いの事を知らないので、自然に自分の事を話す」ことにあります。

 

これは新人が自然に獲得する武器とも言えます。

 

ナンバーワンホステスは、自分の事を話すのが上手です。

 

 

 

その物語に、男性は引き込まれていきます。

 

「聞き上手」よりも「語り上手」のほうがモテるようです。

 

 

 

 

 

①大して面白くもなさそうな顔して座ってるだけでプレゼントをもらいまくる子(仮名:カナ)

 

僕はカナちゃんと、ある程度の人間関係が構築できているので、かなり踏み込んだ裏話を聞く事ができます。

 

「頑張る」という定義は人それぞれなので、一概には言えませんが、僕が受ける感じでは、特に頑張っているようには見えません。

 

 

 

 

ヒドい時は、客(僕じゃない人)のカラオケ中、寝てた事すらあります笑

 

話がつまらなかったらあくび連発してるし、カナちゃんほんとにわかりやすい子。

 

 

 

 

そんな彼女ですが、よくプレゼントをもらっています。

 

僕「えー?気に入らないモノとかないの?どうしてるの?」

 

カナ「捨てるかメルカリで売る?」

 

僕「ウケるナイス」

 

 

 

 

カナちゃんは無意識に感じているようです。

 

自分は何もしなくても、頑張らなくても、存在するだけで自分に価値がある事を。

 

だから楽しいと思ったら弾けるような笑顔をするし、つまんなかったらあくび連発。

 

ね?頑張ってないでしょ?

 

男性は怒らないのかって?

 

そりゃ怒りませんよ。自分の話が面白くないからなんだろうな~って若干ヘコみながらさらに頑張ろうとするのですから。

 

それが面白くないっつーの!笑

 

 

 

 

 

この子のポテンシャルを甘く見てはいけません。

 

最初はツボり爆笑から始まり、大塚愛さくらんぼコールで客に飲ませまくり、そのうち自分で仁王立ちシャンパンラッパ飲み。

 

最終、自分で冷蔵庫にシャンパン取りにいき(客に無許可)、空けまくってぶっ倒れるwww

 

やりたい放題w

 

 

 

 

子供みたいな無邪気さと、危うさ。この両方が、男性を惹きつけているんでしょうね。

 

 

 

 

さて、話を冒頭のサヤカさんに戻します。

 

神田うの似のモデル系頑張り屋さんですね。

 

 

 

 

サヤカちゃんは自分の事を可愛いとわかっています。

 

でも、高価なプレゼントなんかは受け取れない体質。

 

さすがに、客がもうすでに買ってきたモノは受け取ると思いますよ。

 

でも、飲んでる最中、客から「これ買ってあげよっか?」などのオファーは断るそうです。

 

 

 

 

 

突っこんで聞いてみると「自分に自信がないし、受け取ったら見返りを求められそうで怖い」との事。

 

まー普通。眠たい意見。つまんなくてあくびが出そう。

 

 

 

でもね、こんな意見って本当に多い。

 

 

 

 

これは完全の親の教育が原因。

 

期待されて育ったんだろね。いいなぁ~。なんてね笑

 

 

 

 

「頑張れ教育」の弊害。

 

 

 

・お手伝いしたら「偉いね」

 

・宿題したら「おりこうさん」

 

・いい点とったら「すごいね!次はもっと頑張れ」

 

・成績下がったら「もっと勉強しなさい!」

 

・低迷したら「あなたはダメな子」

 

 

 

 

親の喜ぶ事をしたら褒められる。

 

その報酬が欲しくて頑張る。

 

 

 

・頑張って結果を出す
     ↓
次のハードルを上げられる

 

 

 

 

・ハードルが上がってる

もっと頑張らないと褒められない

 

 

 

頑張っても結果が出ない

褒められない

自信を無くす

 

 

 

・褒められない自分

認められていない

自分は無価値
(役に立たない)

 

 

完全にこの構図。

 

 

 

 

つまり、自分が認められたり、褒められたりすることでしか、自分の価値を確認できないという思考に陥っているのです。

 

だから無意識に頑張っちゃう。

 

 

 

プレゼントをあげるって言われても、なにか返さなきゃいけない・見返りに対してプレッシャーを感じてしまうのは当然ですよね。

 

自分は何もしていないのに、先に報酬を与えられそうになると、混乱して不安定になる

 

そりゃそうですよね。そんな風に育ってきていないんですから。

 

不安定な心理状態から解放されたいがために断っちゃう。

 

サヤカちゃんの嬉しそうな笑顔だけで十分なのに。

 

 

 

 

男性は女性の喜ぶ顔が見たい一心でプレゼントを選んでいます。

 

どういう反応してくれるかなぁ?なんてワクワクしてるだけの少年なんです。

 

見返りは「あなたの喜ぶ顔」だけでOKなんです。

 

 

 

 

あなたにも赤ちゃんだった時があります。

 

あなたが産まれた時、お母さんがあなたにどんな言葉を贈ったか。

 

あなたが初めて「まま」と喋った時、お母さんはどれだけ喜んだか。

 

あなたが初めて立った時、お母さんはどれほど嬉しかったか。

 

 

 

 

赤ちゃんだったあなた。無条件に大切にされて、心から愛されて、あなたはお母さんに何か返しましたか?

 

お母さんはあなたに対して見返りを求めましたか?

 

 

 

 

人間は傲慢で強欲です。

 

あなたが成長するにつれ、お母さんはあなたに報酬を与えるようになり、あなたはそれが欲しくて頑張るようになってしまいました。

 

愛される事、与えられることが、いつの日か無償ではなくなってしまったのです。

 

 

 

 

月日は流れ「それが当たり前であり正しいのだ」と刷り込まれてしまった。

 

頑張る事でしか自分を保つ事ができない。

 

自分の存在価値自体、どこにあるのかわからなくなってしまった。

 

 

 

 

あなたは存在しているだけで既に価値があるのに

 

 

 

 

あなたはもっと愛されるべきだし、

 

無償で豊かさをうけとる資格がある。

 

だから、頑張るのはもうよそう。

 

 

 

 

頑張らなくていい。

 

 

 

何もしなくてもいい。

 

 

 

あなたにはそれだけの価値が十分にあるのだから。

ピックアップ記事

  1. 全滅。圏外。収入ゼロへ。
  2. 唯一の武器は「幸運」
  3. 人生初のオーダースーツを作って感じた事
  4. 直感。3秒で結婚!

関連記事

  1. コラム

    石原さとみ新ドラマ【Heaven?ご苦楽レストラン】にみる成功法則

    前作、石原さとみ主演の「アンナチュラル」も良かった…

  2. コラム

    『好き』を仕事に生きていくムフフな話

    この記事では『好きな事』に没頭し、その過程を発信する事で、お金にする(…

最近の記事

  1. 自己紹介

    唯一の武器は「幸運」
  2. 自己紹介

    全滅。圏外。収入ゼロへ。
  3. 自己紹介

    直感。3秒で結婚!
  4. ウォームアップ教材

    チャンスの正体
  5. ウォームアップ教材

    ツイてる人になる技術(はじめに)
PAGE TOP